★ md_slide510j2 の使い方
 1.パソコンに作成するページ専用のフォルダを作り、そこに「最新版ファイル一式」をダウンロードする。
 2.そのzipファイルのプロパティを確認し、参考の『セキュリティ設定を解除』をしてから解凍する。
 3.解凍して出来たメインファイルをクリックして写真が表示されることを確認する。
 4.photo フォルダの中のサンプル画像を削除し、そのフォルダに自分の写真とサムネイルのファイルを入れる。
 5.写真に合わせてメインファイル中の写真データを修正する。 修正個所は ◆ === 写真データ=== ◆ の部分
 6. この時点でメインファイルのサムネイルをクリックし正常に表示されることを確認する。
   ・サムネイルが表示されない場合はデータの区切りの ” や , を誤って消してないか確認する。
 7.写真やページのテーマに合わせてメインファイル中の<title>や操作説明文などを修正する。
   ※ メインファイルのソース中の各行の // の右は説明文で動作に無関係です。
 8.必要があれば配色指定など、いろいろな設定を変更する。
 9.srcs フォルダを含めたファイル一式をアップロードする。使わなかったメインファイルは削除しても良い。
※ 参 考 ・パソコンのセキュリティの状態によって画面が表示されない場合が有る。
・ 特にダウンロードしたファイルを書き換えた場合などに起きる。
・ その対策としてzipファイルを解凍する前に次の様にする。
・zipファイルを右クリックしてプロパティを表示させる。
・ 下の様に 「このファイルは他のコンピュータから取得したもの・・・」とセキュリティの
  警告が有ったら「ブロックの解除」にチェックを入れ「適用」「OK」とクリックする。
 
※zipファイルでプロパティを変更しなかった場合は、同じような手順で
  サブファイルのプロパティを「ブロックの解除」しても良いです。
・アップすると表示は正常でパソコン内のファイルで異常は、このセキュリティが原因です。
※ 写真ファイル ・写真を表示するサイズに縮小した写真ファイルを用意する
・ 写真とサムネイルのファイル名の拡張子は小文字 jpg に統一する
・ 写真サイズは、縦768 のモニターでもコメント表示が隠れないよう、縦 570px 未満を推奨
・ 更に大きい写真を表示する場合はメインファイルの「サブ画面の写真枠サイズ」を変更する
※ サムネイル ・ 写真をサムネイルのサイズに縮小した画像を用意する
・ サムネイルの作成はフリーソフト「縮小専用」「リサイズ超簡単!Pro」などを使うと簡単
・ サンプルでは小サムネイルのサイズを 160x106 としているが任意
・ サンプルと違うサイズを使う場合はメインファイルのサムネイルサイズ指定を合わせる
   〔例〕 tm_width = 160  tm_height = 120   これが違うと大小サムネイルが段差になる
・ サムネイルのファイル名は写真ファイル ****.jpg に対して ****s.jpg とする
・ サムネイルの作成は「縮小専用」などソフトを使うと縮小や s の追加などを簡単にできる
・ 大サムネイルは作らないで元の写真ファイルを "*" と指定することもできる